【メイキング】Klaus (クロース) – ライティング作業の一部始終を解説した映像が公開

Featured Video Play Icon 2DCG
- Sponsor Rink -
『クロース』予告編 – Netflix
『クロース』予告編 – Netflix

Netflixで2019年11月に配信開始されたアニメーション映画「Klaus (クロース)」

手描きのアニメですが、最新の技術により3Dアニメにも負けない情報量を実現しています。

その特徴的なビジュアルから、第47回アニー賞作品賞や第73回英国アカデミー賞アニメ映画賞などを受賞しています

この作品がどのように制作されたのか、以前こちらの記事でも紹介しました。

今回は「Klaus」のビジュアルの肝「ライティング」について、作業の一部始終がYouTubeで公開されました。

KLAUS | Lighting Time-Lapse Klaus

ひたすらパスで光と影を作っています…

凄まじい量のパスです…

パスのアニメーションはソフトの機能によって、ある程度自動中割してくれていますが、それでもかなりの作業量です。

この1カットのライティング作業が早回しで約20分なので、実作業は1時間ほどでしょうか…

膨大な作業量と新たな技術が「Klaus」のビジュアルを完成させているんですね。

- Sponsor Rink -

リンク

Les Films Du Poisson Rouge
SPA Studios – Sergio Pablos Animation Studios – Animation and multimedia.
Netflix (ネットフリックス) 日本 – 大好きな映画やドラマを楽しもう!