【メイキング】「Klaus (クロース)」- 3Dに見える2D作品 l 謎の技術だったライティングやテクスチャのメイキング映像が公開

Featured Video Play Icon 2D作品
- Sponsor Rink -
『クロース』予告編 – Netflix

Netflixで11月15日から配信されているアニメーション映画「Klaus (クロース)」

手描きの2Dアニメーションですが、ライティングや質感など3Dにも負けない情報量で描かれています

以前、こちらの記事で制作過程を紹介しましたが、より詳しいメイキングが公開されました

Les Films Du Poisson Rouge というフランスの会社のソフトウェアを使用して制作されているようです

HouDoo – ベクター自動中割ソフト
MOE – ノード手続き型テクスチャレンダリングソフト
KLaS – Klaus用に開発されたライティング制作支援ツール

これらを用いてあの映像表現を実現しています

メイキングについて詳しくはこちらの記事で紹介されています

How 'Klaus' Draws On Centuries-Old Artistic Principles To Push 2D Animation Forward
"Klaus" brings hand-drawn animation back — but it also pushes it forward. The film's artists tell Cartoon Brew how they created the film's unique look.
Here's what made the 2D animation in 'Klaus' look '3D' - befores & afters
The art and tech of the film, including behind the scenes videos. 
- Sponsor Rink -

リンク

Les Films Du Poisson Rouge
SPA Studios – Sergio Pablos Animation Studios – Animation and multimedia.
Netflix (ネットフリックス) 日本 – 大好きな映画やドラマを楽しもう!