【Blender】LANPR – FreeStyleより高速かつリアルタイムで線を描画!インストール方法、使い方を紹介

3DCG
- Sponsor Rink -

LANPRは線を描画する為のレンダリングエンジン、及びGPencilのラインジェネレーターです

文章で説明するよりまずは実物を見てみましょう

New LANPR toonline in Blender 2.80 (realtime)

このようにリアルタイムで高速に線を描画できます

さらに、FreeStyleでは出来なかったオブジェクトの交差線も、チェックボックス1つで描画可能です

他にもLANPRで描画した線をGPencilやSVGに変換できるようです

詳細はこちらで確認できます
User document for LANPR – Yiming | Blender Developer Wiki

そして、気になるLANPRの搭載時期はBlender2.82以降のようです
Google Summer of Code 2019 – Blender Developers Blog

- Sponsor Rink -

インストール方法

下記からLANPRブランチ版 Blender をダウンロードして使用することができます

※注 まだブランチで開発中の機能な為、安定性は保証していません。使用は自己責任でお願いします

ダウンロードはこちらから:

Winx64_vc16_LANPR_01-25-2020 2.82.4 — GraphicAll
Winx64_vc16_LANPR_01-25-2020 2.82.4 I continue to build, but I don't know if any of the changes to the 2.82 branch are fully being included in the build, even t...

基本的な使い方(線を描画する方法)

まずは「ナビゲーションバー」→「レンダー」→「レンダーエンジン」から「LANPR」を選択します

レンダーエンジンをLANPRに変更しただけだと、まだ画面は背景色の状態です
線の設定が必要なので、次に画像の「+」部分をクリック、そして「Update」をクリック

これでビューポートに線が描画されます

しかし、いくら「Update」を押したり、「自動更新」にチェックを入れても
線がビューポートに固定された状態になるはずです

LANRPには「CPUモード」と「GPUモード」があり、 今のところこの現象は「CPUモード」の仕様となっています

「CPUモード」でリアルタイムに線を描画するには以下の注意点があります

※注1 カメラビューでのみリアルタイム描画ができる。その他のビューでは線が更新されない

※注2 カメラビューでも線が更新されない場合は自動更新にチェックが入っているか確認

※注3 それでも線が更新されない場合はフレームを移動してみる


「GPUモード」では、カメラビュー以外でも線がリアルタイムで更新されます

「CPUモード」と「GPUモード」の詳細はこちらで確認できます
Modes in LANPR – Yiming | Blender Developer Wiki

基本的な線を描画する方法は以上です

他にもオブジェクトやコレクション毎に線の非表示ができたり、線の種類毎に色を変えたりと、さまざまな機能があります

興味のある方はいろいろ試してみてはいかがでしょうか

リンク

GSoC 2019 LANPR Development and Feedbacks | Blender Developer Talk
YimingWu is fever dreaming (@ChengduLittleA) | Twitter