3DCG Cinema4D 機能紹介

【MAXON】Cinema 4D R23 をリリース キャラクターアニメーションやUVの強化、シーンノードの搭載など | 新機能を紹介

Featured Video Play Icon 3DCG
- Sponsor Rink -
Putting the Future in Motion – Cinema 4D R23

Maxon は CINEMA 4D R23 をリリースしました。

今回のバージョンアップでは、キャラクターアニメーション、UV編集、モデリング、ワークフロー、Magic Bullet Looks搭載、シーンノード搭載などの機能強化や追加がされています。

キャラクターアニメーション

・アニメキャラクター用のセットアップリグを追加
手や足のサイズ変更など、アニメ的な表現が可能なリグ

・表情用のフェイシャルリグ
ジョイントベースのため、表情を自由に作ることが出来る

・ポーズライブラリ
ポーズを登録し、階層構造が同じキャラクターに割り当てできる

・デルタマッシュ
変形したメッシュをスムーズにする機能

・キャラクターソルバー
モーキャプデータを他キャラクターに割り当てる機能が進化。プロポ―ションの異なるキャラにも割り当てできるようになった

・Moves by Maxonへの対応
Maxonのモーションキャプチャアプリ「Moves by Maxon」が標準機能となった

Cinema 4D R23新機能:キャラクターアニメーション|Cinema 4D by Maxon|note
Cinema 4D R23では、キャラクターアニメーションに関する機能が多数追加されました。今回はその機能を紹介してきます。 アニメキャラクター用のセットアップリグ Cinema 4Dには、キャラクターを動かすためのジョイントやコントローラーをセットアップしたリグと呼ばれる多数用意されています。その種類は、人型だ...
Smooth Moves
Cinema 4D Release 23 New Character Rig and Toon Animation

シーンノード

・シーンノードを搭載
ノードベースによるプロシージャルなモデリングやアニメーションを実現
※R23ではまだプレビュー機能

Cinema 4D R23新機能:シーンノード|Cinema 4D by Maxon|note
Maxonは、これまでCinema 4Dのパフォーマンの向上とオブジェクトの管理、優先順位の問題に対応するため、新しいコアアーキテクチャの導入に取り組んできました。すでに新しいモデリングコアやノードベースマテリアル、マルチインスタンスなどその技術の一部は皆様に提供されています。 今回、R23ではついにノードベースに...
Looking Under the Hood and into the Future

アニメーションワークフロー

・属性マネージャとタイムラインにおけるフィルタ機能
アニメーション設定されているパラメータやキーフレーム選択範囲のみや、トラック名などでフィルタできるようになった

・Fカーブの自動フレーミングモード
Fカーブモードで、自動フレーミングモードが選択できるようになった

・キーフレームの自動記録は既存トラックのみに
・シーンの時間とプレビュー範囲が連動

・マーカー作成の新機能
作成時に数値入力を行ったり、複数のタイムラインを一括作成できるようになった

・イーズのコピー&ペースト
Fカーブのイーズのカーブをコピー&ペーストできるようになった

Cinema 4D R23新機能:アニメーションワークフロー|Cinema 4D by Maxon|note
アニメーションの作成は、キーの作成・移動・F-カーブの表示など同じ作業を何度も繰り返します。1クリックでも作業が減れば、それだけで作業効率が改善されスピードアップに繋がります。 Cinema 4D R23では、こうしたちょっとした工程を見直し、アニメーション作成のワークフローを改善するアップデートが行われました。 ...

UV編集ツール

・複数オブジェクトのUVを一括編集
複数オブジェクトのUVを一つのUVエディタで表示と編集ができるようになった

・スナップ機能
UVエディタでポイントやエッジなどにスナップできるようになった

・整列、直線化、格子配列
選択したエッジに基づいてUVアイランドを整列したり、選択したエッジを直線化したり、UVアイランドを格子状に整列したりできるようになった

Cinema 4D R23新機能: UV編集ツール|Cinema 4D by Maxon|note
S22でUV編集機能が、UV展開がほぼおまかせでできるようなりました。 R23でもUV編集ツールに新機能が追加され、マニュアルで微調整がやりやすくなりました。 複数オブジェクトのUVを一括編集 これまで要望の多かった複数オブジェクトのUVを一つのUVエディタで表示と編集ができるよ...
The Perfect Arrangement

モデリング

・リメッシュジェネレータ
どんなメッシュも極力均等で四角ポリゴンに変換する。ジェネレーターなのでポリゴンの密度をいつでも変更可能。

・デフォーマが改善
デフォーマが影響を受ける向きを描画するようになった。
さらに、変形される向きを後からクリックで変更できるようになった

・頂点マップに反転をオプション
頂点マップタグに反転のオプションを追加

Cinema 4D R23新機能: モデリング|Cinema 4D by Maxon|note
リメッシュジェネレータ どんなメッシュも極力均等で四角ポリゴンで変換するリメッシュジェネレータが追加されました。簡易リトポロジーやスカルプト用のベースメッシュ、ダイナミクス用など様々な用途向けにクリーンなメッシュを生成します。図のような三角メッシュも均等な四角ポリゴンに変換できます。 ジェネレータですので、ポリ...

ワークフロー改善

・Python 3.7.7をサポート

・OBJのサポート強化
連番OBJ、UTF-8、Adobe Dimensions、頂点カラー、ポイントクラウドをサポート

・FBXのアップデート
バインドされたジョイントのみエクスポートできるようになった
アニメーションのテイクの書き出しにタイムラインマーカーが選べるようになった

・USDのサポート
ジオメトリ、カメラ、ライトのインポートとエクスポートに対応

・画像ビューアーで透過表示
アルファチャンネルのある画像を画像ビューアーで表示したときに、背景がチェック模様で表示できるようになった

・Magic Bullet Looks
カラーグレーディングツールの「Magic Bullet Looks」がレンダリング特殊効果として適用できるようになった

・ビューポートのクオリティアップ
ビューポート表示での反射マテリアルの表面粗さをサポート

Cinema 4D R23新機能: ワークフロー改善|Cinema 4D by Maxon|note
Cinema 4D R23は、ワークフローの改善が行われています。 Python 3.7.7をサポート VFX業界の対応状況にわせサポートするPythonの2系から3系に変更されました。また処理速度も向上しています。 OBJのサポート強化 連番OBJ:OBJのインポートとエクスポートが強化され...
Tight Workflow Harmony
You've Got the Looks

リンク

Cinema 4D R23 新機能紹介ページ
Cinema 4D R23 新機能リスト